「無期転換ルール」はご存知ですか?

無期転換ルールとは、平成24年8月に成立した「改正労働契約法」(平成25年4月1日施行)により、対応が必要になった雇用に関する新たなルールのことです。

有期労働契約が5年を超えて反復更新された場合は、有機契約労働者(パートタイマーやアルバイトなど名称を問わず雇用期間が定められた社員)の申込みにより、期間の定めのない労働契約(無期労働契約)に転換されます。

無期転換ルールは会社だけでなく有期社員の方々にとっても重要なルールですので、ルールの内容は有期社員の方々と共有することが大切です。
無期転換の申込みが平成30年度から本格的に行われることをから、様々な支援策も用意されています。

詳しくは、厚生労働省 有期契約労働者の無期転換サイトをご参照ください。